FC2ブログ
世界に1つだけの花「唯花」とそのファミリーの日常をつづってみました
page top
ヒマラヤスギとシダーローズ
2013年9月1日
ヒマラヤスギ(学名:Cedrus deodara)って、
スギって名前がついているのに、
実はマツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹です。
ヒマラヤ山脈西部の標高1500mから3200mの地域が原産地で、
高さは40m-50mと大木で、
自然樹形は、見事な円錐形になります(*^▽^*)

秋になると雄花と雌花を咲かせ、
その後、7-13cmの長さで5-9cmの幅の大きな卵形の
淡い緑色した果実(球果)を
枝の上に直立してつけます。
成熟(12か月)すると崩壊し、翼状の種子を落とします。
ヒマラヤスギの松ぼっくり
ヒマラヤスギの松ぼっくり

みなさん、下の写真何かわかりますか?
きれいな薔薇の花のようです。
リースを作られる方ならお馴染みかなと思いますが・・・
シダーローズ
シダーローズ

上記の写真は、ヒマラヤスギの松ぼっくりの先端なんです。
シダーローズ(シーダーローズ)って言われています。
シーダー(スギ)のローズ(バラ)ってことだよね。
松の仲間なのにね。
ヒマラヤスギの松ぼっくりはそのまま実が
ポロっと落ちるわけではなく、下のほうから花が散るように
パラパラと剥がれて落ちていきます。
それで、最後に先端の塊(シーダーローズ)が落ちます。
それが上の写真の木のバラのようなものなんです。

これ、夏休みに植物観察会に参加して、いただいてきました。
綺麗なので、リースに使いたいな・・・と、
どこか近くでも拾えないかなと、家でちらっと言ったら
唯花が、「これ、小学校に落ちてた」って。
えっ!!!
知らなかったよ。小学校、ヒマラヤスギがあったの???
昨日、奉仕作業しながら、2階のベランダから校庭を見回すと、
あった、あった、一際大きな木が!!!
やったー、冬になったら、シダーローズ拾いに行きたいな。
小学校の用務員さん、処分しないでね(*^▽^*)

今日もご訪問ありがとうございます(*^▽^*)
応援ポチっよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



© 世界に1つだけの花. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG