FC2ブログ
世界に1つだけの花「唯花」とそのファミリーの日常をつづってみました
page top
甲賀流忍者屋敷におでかけ
2013年7月1日
もう7月、早いなぁ。そろそろ夏の家族旅行を決めないと・・・

昨日は、一足早くプチおでかけ。
実家から1時間くらいで行ける、隣県の「甲賀流忍者屋敷」
れいこちゃん、しょうじくんも一緒に行ってきました(*^_^*)

実家は伊賀市(旧上野市)なので、伊賀流忍者の地元としては
実は甲賀流忍者はライバル・・・
上野の忍者屋敷(伊賀流忍者屋敷)は何回か行ったことがありますが、
甲賀流は初めてで、どう違うか興味津々でした。

甲賀流忍者屋敷全景
忍者屋敷5

甲賀忍者五十三家中の筆頭格、望月出雲守の住宅として元禄年間に
建築されました。三百年前に建築されて現存する実際の忍者の住宅は
ここだけだそうです。
忍者屋敷4


外見は、一般住宅の装いですが、内部構造は外敵に備えて非常に複雑です。
特に、主人の寝室にはたくさんの仕掛けがありました。
押入れ①は、床下に地下通路があり、今は埋まってしまっている
ところもありますが当時は隣の分家までつながっていました。
押入れ②の中は、廊下へのどんでん返しになっていました。
弟君、喜んで何回も通っていました。
忍者屋敷1

窓は、見た目は開けられないように見えて、
厚紙や葉っぱで開けることができる不思議な窓でした。
主人の部屋への戸は、檜の1枚戸になっていて、とても重かったです。


また、別の部屋では、見た目物置の戸に見えて、
その中には2階への隠し梯子があり、2階や3階へ隠れたり、
追ってきた敵を閉じ込めたりできるようになっていました。
梯子の下に隠れて、2階へ上がった敵を、
縄梯子を使って挟み撃ちすることもできました。

床下に隠れられるところをのぞいています。
忍者屋敷3

忍者屋敷6

一番驚いたのは、さっきのどんでん返しとは、別のところにある
どんでん返し。逃げる側が通ったのと同じ方を押しても開かず、
追手が戸惑っているうちに、その先の床を開いて逃げるというもの。
その床の下は・・・なんと井戸!落とし穴です。
覗かしてもらいましたが・・・あ~こわ!

最後に、弟君は、手裏剣体験。
気に入って、もう1回したいって言ってました(*^▽^*)
忍者屋敷2

れいこちゃんとも言っていたんですが、
意外と楽しめましたよ~(*^▽^*)


今日もご訪問ありがとうございます^^
応援ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村

モニプラさんイベント紹介


【亀城庵】本物の味を再現!うどん初心者にもOK!鍋つき讃岐うどんセット

【宣伝部員大募集】ワッフル専門店の新作!「ふんわりプリン」おあじみ会

そろそろ夏の家族旅行の計画たてないと。フォトブックに残せるといいな。
【モニター募集】記憶に残したい季節のイベントはcocoalフォトブックに残そう

スポンサーサイト



© 世界に1つだけの花. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG