FC2ブログ
世界に1つだけの花「唯花」とそのファミリーの日常をつづってみました
page top
朝のリレー 谷川 俊太郎
2012年10月4日
今朝、自宅の二階から見えた景色です。遠くの山はもう朝日が当たっていました。この景色を見て「谷川俊太郎」の「朝のリレー」という詩を思い出しました。紹介します。

「朝のリレー」     谷川 俊太郎

カムチャッカの若者が きりんの夢を見ている時

メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

ニューヨークの少女がほほえみながら 寝返りをうつとき 

ローマの少年は頭柱を染める 朝陽にウインクする

この地球では いつもどこかで 朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ 緯度から 緯度へと

そうしていわば交替で地球を守る 

眠る前のひととき 耳をすますと

どこか遠くで 目覚まし時計のベルが鳴っている

それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受け止めた 証拠なのだ



素敵ですね。

地球がまわっているのを実感しました。



景色
スポンサーサイト



© 世界に1つだけの花. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG