FC2ブログ
世界に1つだけの花「唯花」とそのファミリーの日常をつづってみました
page top
小淵沢 小海線大曲
2012年8月22日
長野・山梨の家族旅行 追記

山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅を結ぶ小海線には、
鉄道ファンには有名な名所が、何ヶ所か存在する。
・小淵沢駅を出発してすぐに、右に大きくカーブする。大曲。
・甲斐大泉駅と清里駅間にある、Ω(オメガ)ループ。
・清里駅と野辺山駅の間にあるJR鉄道最高地点(1375m)
・トロリーバスなどを除く通常の鉄道としては日本最高地点となる
標高1345mに建つ野辺山駅。

家族旅行記の中には書かなかったが、今回の旅行では、是非とも、
小海線の大カーブ(大曲)を実際に見たいと思った。
列車のバックに甲斐駒ヶ岳が見えるこのポイントは、
鉄道写真の撮影名所となっている。
以前、テレビで、列車の撮影の講座があったが、そのときもこの
ポイントが使われていたことを思い出した。

さて、実際に、このポイントを探すのは、なかなか大変だった。
2日目のシャトレーゼの工場見学の前に探したが見つからず、
工場見学の後、子ども達だけで、小海線に乗って、大曲を車内から
見学した。(私たちは、車で次の甲斐小泉駅へ)

弟君が車内から撮影。田んぼアート(黒いところは古代米)と大曲
田んぼアート

白い車が停まっていて、列車を撮影している。やはり、撮影ポイント!
大曲車窓

10分ほどで、甲斐小泉駅へ到着。無人駅でした。
到着

甲斐小泉

駅舎です。オオムラサキをイメージしているらしい。駅舎

弟君が、「この駅見たことある」って言ったのでビックリ。初めて来たのに!
よく聞いてみると、「珍駅の本に載ってた。」とのこと。
帰宅後、本を見ると、確かにあった!!!さすが、鉄道ファン。

この日は、ペンションの夕食の時間もあったので、
次の日の朝、撮影ポイントに再チャレンジすることに。

朝、起きると、唯花とお父さんが朝の散歩?を終えて、ニコニコしていた。
どうしたのかと思っていると、カメラを渡された。
朝靄の中の小海線 大曲

えっ!えっ!どういう事!!!
何と、二人で、(もちろん車で)行ってきたらしい。
甲斐駒ヶ岳もうつっています。
小海線 朝

チェックアウトしてから、今度はみんなで撮影ポイントへ!
この上です
こちら側も、撮影ポイントです。
大曲 線路

上り、下りの2本の小海線の撮影ができました。
今回の旅行では、大曲を実際見れて、ちょっと得した気分
スポンサーサイト



© 世界に1つだけの花. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG